モンクレール クリーニング失敗

大事に着ていたモンクレール
来年もまた気持ちよく着れるようにそろそろクリーニングに出さないといけない・・
でも、ネットで調べるとモンクレールのクリーニングは普通のクリーニング店だと失敗するトラブルが多いらしいから不安になります。

じゃあ安心してモンクレールのクリーニングを出すにはとこがよいのでしょうか?

モンクレールのクリーニングは直営店でもい受付してくれる

モンクレール クリーニング 直営店

モンクレールのクリーニングは直営店も対応可能らしいのですが、公式ホームページでは該当する説明を見つけることができませんでした、

【モンクレール 公式ホームページ|商品とアフターケア 】
モンクレールのジャケットの大半は、ドライクリーニングに出すことをお薦めしています。具体的なクリーニングの方法については、モンクレールの衣服の内側に取り付けられている取り扱いラベルを必ずご参照ください。
取り扱い表示に記載があれば、ご家庭で洗濯できる場合もあります。ご家庭でお洗濯される場合は、特に以下の点にご注意ください。
• 洗濯機の使用が認められている場合は、洗濯機に洗濯物を入れすぎない。
• 水に浸しっぱなしにしない。
• 平干しする。
• ダウンジャケットの場合、乾燥中は一定の時間毎にジャケットを動かし、ダウンが均等になるようにボーダンキルティングを軽く圧迫し、ボリュームを調整します。
• ナイロン外の生地 (フランネル、ベルベットなど) は、洗濯の最後にブラッシングします。衣服専用のブラシを使ってくさい。
ファーやレザーは専門業者にお任せください。
保管の際は、圧縮せず、吊るしで保管することをおすすめします。

サポートが必要な場合、または商品についてご質問がある場合:
– 商品を購入された正規販売店、またはモンクレールのブティックにお立ち寄りください。
– オンラインでご購入またはその他の店舗でご購入された場合は、以下のアフターケアのフォームに記入してモンクレールお客様サービスにお問い合せください。
必要なサポートを受けていただくためにも、できる限り詳しい情報をまとめておいてください。
すべて修理できるわけではありませんが、できる限りのお手伝いをさせていただきます。

引用:モンクレール公式サイト|アフターケア

あくまでお客様からのご相談が当た場合に「できるだけ対応します」というスタンスかもしれません。
もちろん、モンクレール自社でクリーニングをするのではなく、外部のクリーニング会社に委託しているのでしょう。
クリーニングや補修などの相談は購入した直営店でしか対応してくれませんから、アウトレットショップなどで購入した場合は受け付けてくれない可能性もあります。

あくまで個人的考えですが、購入した直営店にクリーニングの依頼を持ち込んでもあまりいい顔はされないような気がします。・

モンクレールのクリーニングは直営店よりダウン専門店のほうがいい理由

大事な大事なモンクレールのダウンジャケット
モンクレールのダウンジャケットは一生ものですから大切に着なければいけません!

しかし、モンクレールのダウンを気に入っているからこそ寒い日はずっとそればかり着ていませんか?
いくらお気に入りといっても毎日着続けていると
汚れて黄ばんだり
シミが出来たり
袖口などが擦れて白くなってきたり」(白化)
とってもお気に入りだったからこそショックですよね。

モンクレールなどの高級ダウンの修理ってどこに出せばいいんでしょうか?
もちろんメーカーに出せば対応してくれる場合もありますが、
あまり親切じゃなかったり断られることもあります。
そんな時に知っておいて欲しいのが
高級ダウン専門クリーニング店に相談したら
クリーニングと一緒に修理してくれる

ことです。
みなさんうまくこれを利用して
モンクレールやカナダグースなの高級ダウンを蘇らせています。

ダウンの修理とクリーニングを一緒にできる
>>全国初!ダウンクリーニング専門店【HIRAISHIYA】

モンクレールのクリーニングは高くてもダウン専門クリーニング店に任せる

ンクレース 白化

お気に入りのモンクレールだからこそ汚れてしまったり、シミが出来たり黄ばみが目立って来るするのは仕方ありません。
また、一番モンクレールで多い悩みが白化と言われるものです。
大事に大事に着ていたモンクレールの白化の原因は
長年の着用時の摩擦により白化
紫外線による退色による白化
間違ったクリーニングのやり方による白化
があります。

色落ち、生地の白い部分が出てしまう現象の白化は
モンクレールの生地の特性から大変多くなってしまうのは仕方ありません。

しかし、このモンクレールの白化を少しでも防ぎたいなら
・きちんとクリーニング店を選ぶ
・モンクレールの白化の修復のやり方
について一度皆さんと考えてみましょう。

モンクレールを近所のクリーニングに出したら白化して返ってきた

モンクレール クリーニング 失敗

モンクレールの着用年数や着用回数、クリーニングの使用回数が増えていくことによって白化現象はよく起こりやすくなります。
今まであまり目立たなかったモンクレールの白化がクリーニングする負荷により一気に表面に現れることもよくある事例です。
このモンクレールのクリーニングによる白化防止はある意味防ぎようがありません。
それは既に生地の上に色がすれて粉状になっているだけの状態からカナダグースクリーニングを行いますので避けられない現象だからです。
そのため、多くのみなさんが「モンクレールをクリーニングに出したらメチャクチャになってなって返ってきた!」とお嘆きになるのです。

これは一般のクリーニング店にだしたことが原因のことが多いです。
最近ではそんなトラブルも多くなり、モンクレールのような高級ダウンなどはクリーニング後のトラブルを避けて取り扱いをやめているお店もたくさん増えてきました。
モンクレールを正しくケアするには、きちんと対応できるお店選びが重要です。
モンクレールのクリーニングは少々高くても高級ダウン専門クリーニングに出すことを強くおすすめします。

モンクレールのクリーニングと修理はダウン専門店に任せると失敗しない

モンクレールの白化を修復

白化してしまったモンクレールの修復はできるのでしょうか?
この白化の修復は技術的にかなり難しく、多くのクリーニング店が対応していません。
高級ダウン専門クリーニング店のなかにはこの白化の修復に対応しているお店もあります。
汚れを落とした上で、部分的に染め直してこのモンクレールの白化を目立たなくすることができます。

そもそもモンクレールのような高級ダウンは、クリーニング後のトラブルを避けて取り扱っていないお店もたくさんあります。
モンクレールを正しくケアするには、きちんと対応できるお店選びが重要です。

白化したモンクレールの修復してくれるおすすめの高級ダウンクリーニング専門店「HIRAISHIYA」

白化してしまったカナダグースにショックで途方に暮れているかたもたくさんいることでしょう。
そんな方にご紹介したいクリーニング店があります。
それは高級ダウン専門クリーニング店「HIRAISHIYA」さんです。

高級ダウン専門クリーニング店「HIRAISHIYA」さんでは有料オプションになりますが、モンクレールなどの色落ちなどの白化の対応もしてくれています。

HIRAISHIYAさん自身からのモンクレールなど高級ダウンの白化についてのご説明です。

一点一点
一か所ごとに細かい補修作業を行ってくれます。

この高級ダウン専門クリーニング店「HIRAISHIYA」さんはご自身の仕事に絶対の自信を持たれています。
なんとてなんと納得できなければ料金全額返金致します!まで宣言までされています。(驚)

あなたのカナダグースの白化やしみ抜きが修理できるかどうか?
一度 ご相談してみては以下でしょうか?
きっとプロの専門家のアドバイスが役に立つはずです。

\モンクレールの修理とクリーニングを一緒にするなら/
高級ダウンクリーニング専門店【HIRAISHIYA】公式サイトはこちら



モンクレールの修理をいつものクリーニング店に任せると失敗続出!結局泣き寝入りしかない

モンクレール クリーニング 失敗 泣き寝入り

大事なモンンクレールをクリーニングに出す時には特に気を付けて欲しいことがあります。
それはモンクレールなど高級ダウンのクリーニングではよく失敗トラブルになっていることが多いので、ぜひダウン専門クリーニング店の利用も検討して欲しいのです。
クリーニングに失敗したモンクレールのダウンジャケットはもう元通りには戻らないので、後で後悔しても遅いのです。
こんな風にたくさんモンクレールのクリーニングで失敗した方がたくさんいます。

モンクレールなど高級ダウンのクリーニング料金はめちゃくちゃ高いがそれは仕方のないことなんです

モンクレール ダウン クリーニング 高い

モンクレールなど高級ダウンのクリーニング料金ってめちゃくちゃ高いことにきっと驚いたことでしょう。
そこで、1円でも安いクリーニング店を探して高級ダウンのモンクレールを出すから失敗するんです。
実はダウンのクリーニングってめちゃくちゃ手間がかかりますし、専門的な技術も必要になるんです。
ですから「低料金」=「失敗するリスク大」なのは仕方ないんです。

はっきり言わせていただくと
クリーニング料金をケチるならモンクレールを着る資格はない!
と断言すると叱られるかもしれませんが、それがモンクレールのダウンなんです。
それでは、モンクレールという高級ダウンにあなた自身が負けている?ことでもあるのです。
だからこそ、クリーニング代をケチって失敗したことに後悔して立ち直れないくらい後悔してしまうのです。

モンクレールは高い買い物ですので、一生モノのダウンコートとして購入する方も多いブランドです。
ただ、モンクレールの特徴である
スタイリッシュなデザイン
高い保温性
を保ちながら長年着続けるためには、お手入れの方法が重要です。



特に、クリーニングを利用するときはお店選びを慎重にしなくてはなりません。
クリーニング料金をケチったために大事なモンクレールが
型崩れしてしまった
シミができてしまった
中の羽毛が団子のように固まってしまった
ということになったのならあなたは航海してもしきれないことでしょう。

ショッキングな体験をした方がたくさんいます。

モンクレール特有の色落ちやシミはクリーニングのやり方が原因

モンクレール製品は生地に汗やファンデーションの汚れが付いたまま放置していると変色や色あせ、色の後退が起こりやすくなります。
これはモンクレールのナイロン生地がそれらの汚れによる酸化によることが原因です。
モンクレールクリーニングをドライクリーニングに出すと、まれに残留溶剤が残ったまま渡されてしまうことがあります。
それが原因で変色することもあります。
※残留溶剤が残っていると独特のクリーニング後にする臭いが付いてきます。
モンクレールのナイロン素材が後退、変色、色あせしてしまうとモンクレールクリーニングしても戻ることはありません

モンクレールの修理やしみ抜きは自分でやらずに高級ダウン専門クリーニング店に任せたほうが良い

モンクレール
特に白色など淡い色のモンクレールの場合は、ついた「しみ」が目立ちますし気になるものです。
そこで自分でシミ抜きにチャレンジしてしまう方も多いのですが
生兵法は大けがのもと
によくなるんです。

ネットで調べたダウンのしみ抜きを試してよいのはユニクロクラスのダウンだけです。
モンクレールなどの高級ダウンのしみ抜きは素人がやってはいけないのです。
下手をすると、もう目も当てられない悲惨なカナダグースになる可能性が高いのです。

モンクレールのしみ抜きは
モンクレール専門店にクリーニングに合わせて依頼する
ことを強くおすすめします。

モンクレールのクリーニングは料金が高くても技術のある高級ダウン専門店がおすすめ

モンクレールのクリーニングは普通の一般クリーニング店と職人的なプロのクリーニング店には大きな差があります。
もちろんしょのクリーニング料金にも大きな差があるんですけどね。(汗)
でも、それだけの価値があるのも事実なんです。

ダウン専門店でのモンクレールのクリーニングのビフォーアフター

全国にもたくさん高い技術を持ったクリーニング店もあるのですが、おそらくご近所にはなかなかないはずです。
高いダウンのクリーニング技術を持ち、利用しやすい宅配システムを兼ね備えているクリーニング業者はすごく限られています。

今回ご紹介するのは高級ダウン専門クリーニング店「HIRAISHITA」さんです。
はっきり言って他の一般的なクリーニング店に比べたら正直高い!です。

モンクレールクリーニング料金表
ダウンジャケット
(ショート・ハーフ)
7,500円
ダウンコート
(ミドル・ロング)
9,500円
ダウンベスト 6,500円
ダウンジャケットショート
(レザー・ファー取り外し不可・ウール素材)
11,500円
ダウンコート
(レザー・ファー取り外し不可・ウール素材)
13,500円
子ども用ダウンジャケット 5,500円
子ども用ダウンジャケット
(レザー・ファー取り外し不可・ウール素材)
8,500円
ファークリーニング 1,500円

他の一般クリーニング店と比べると高めの価格設定になっています。
でも、それにはそれなりの理由があるんですね。
高級ダウン専門クリーニング|HIRAISHIYAのモンクレールのクリーニングのこだわりを公式ページでこう語っています。

モンクレールなど高級ダウンにドライクリーニングはオススメ出来ません

本来、モンクレールのダウンの中に入っている羽根の周りには動物の脂分が覆っていて、その脂分が保護の役目をおっています。しかし、ドライクリーニングしてしまうとモンクレールの脂分が除去されてしまい、ボリュームや保温性が失われてしまうんです。そうすると、「去年よりボリュームが減った」という事がモンクレールクリーニングのドライ洗いによって起こってきてしまいます。モンクレールクリーニングでそうならないために、当社は、ダウン本来の暖かさやボリュームを戻しつつきれいにするウェット特殊水洗い製法+脂分の補給を行っています。これをすることにより、ボリュームが無くなったモンクレールをよみがえらせたり、ドライクリーニングでは落ちない汗よごれを落としていきます。モンクレールクリーニングに対して行うドライクリーニングの洗浄力は水洗いに比べて90%も低く、汚れもほとんど落ちません。

年間500点以上のモンクレールをクリーニング

当社創業昭和17年よりモンクレールクリーニングを受付して、実績は10,000着以上行っております。当社の受付するブランドダウンクリーニングの中でもトップの受注数をほこるダウンの王様です。当社のモンクレールクリーニングは初めに実店舗のみでしか預かっていませんでしたが、あまりにもモンクレールクリーニングの受注数が増えてきて、「これは全国にもたくさんお求めされている方がいるはず」と思いネットでの受付も可能に致しました。それまではモンクレールクリーニングを出すために当社まで車で2時間かけてモンクレールクリーニングを出すためにお越しくださるお客さまが多数いらっしゃいました。今現在でも、実店舗の方には遠くよりお越しくださるお客さまもいらっしゃいますが、ネットを始めたことにより便利にプロショップひらいしやのモンクレールクリーニングをご利用されるお客さまが増えております

モンクレールアニメラベル補修について ※有料

モンクレールのアニメラベルは縫い目が少しでも弱っているとモンクレールクリーニングすることにより取れてしまいます。そういった物や元々取れてしまったモンクレールのアニメラベルを当社ではご希望のお客さまに有料にて取り付けしております。この技術は上か縫い付けするのではなく、脇の糸を1度ほどいて、中のモンクレールダウンに糸がかからないようにする特殊縫い付けになります。それを当社のプロが補修を行います。縫い直した状態のモンクレールのアニメラベルは一段と強く縫われているため、1度や2度のモンクレールクリーニングでは取れない状態になります。※取れた内側に糸を通して補修するため、アニメ部分に糸が被る場合がございます。※モンクレールクリーニング時に出来るアニメラベルの折り目は治りません。※モンクレールアニメラベルについたシミもそのまま残ります。

モンクレール特有の色あせや変色補正について

モンクレール製品は生地に汗やファンデーションの汚れが付いたまま放置していると変色や色あせ、色の後退が起こる事が多いです。これはモンクレールのナイロン生地がそれらの汚れによる酸化によるためです。また、モンクレールクリーニングをドライクリーニングで行っているお店様に出したときに、まれに残留溶剤が残ったまま渡されてしまうことがあり、それが原因で変色することもあります。※残留溶剤が残っていると独特のクリーニング後にする臭いが付いてきます。このようにモンクレールのナイロン素材が後退、変色、色あせしてしまうとモンクレールクリーニングしても戻ることはありません。こうなってしまたら、色を染め代えして対応すれば元に近い状態に戻すことが可能です。この行程はモンクレールの色が変わった部分とその他変わっていないところの部分すべてを一気に染料に付けて染め変えます。

PRO SHOP HIRAISHIYAのウェット&しみ抜きクリーニング

当社が開発したモンクレールクリーニング専用の特殊ウェット洗剤と抗菌銀イオン水を使った洗いを行い、モンクレールクリーニングをドライクリーニングで洗うより90%以上高い洗浄力でキレイにいたします。それと同時に、99.9%除菌・抗菌・消臭が付くため、プラスアルファー効果がたくさんあります。また、モンクレールクリーニングのウェットクリーニング前にも手作業でモンクレールの袖やエリや胴体部分のシミや汚れを26年職人が目視しながら一カ所ずつしみ抜きし、とことんキレイにした状態からクリーニングするのでモンクレールのキレイさが違います。

様々なブランドに対応したクリーニング工法

各ブランド、生地それぞれに特徴が違いますので、当社26年以上経験の国家資格のクリーニング師でダウンクリーニング実績数26,000着以上の経験をもつ者が専属でそれを選別して洗い方を変えているので、そのブランド別にキレイにすることが可能です。モンクレールクリーニングのみだけだと色々な素材の経験が少ないため、臨機応変に対応できません。色々なブランドの特徴や素材を経験してこそ、モンクレールクリーニングにも色々な部分で応用出来ています。その中でもモンクレールクリーニングはデリケートな部分があるため、慎重に行わないと事故に繋がります。当店ではそのモンクレールクリーニングで失敗をしたことが一度もありません。(1995年~2020年6月現在まで)これが当店のモンクレールクリーニングへの強みでもあり安心品質と言われる所以です。

PRO SHOP HIRAISHIYA撥水コーティングについて
当社モンクレールクリーニングにセットになっている撥水コーティングは消防署認定の特殊撥水+汚れ防止液を使って65℃熱処理加工しているので、市販で売られている物で行ったモンクレールへの撥水より効き目は3倍あります。また、一般に売られているガススプレー式は大変危険な液を使っており、人体にも生地へもあまりオススメ出来ませんが、当社が使う撥水液は水溶性のため、100%の安全性をほこります。さらに、当社の撥水液とモンクレールは非常に相性がよく、他の素材以上に撥水が効き、またモンクレールの素材の輝きを更によくする効果があります。モンクレール着用時に食べこぼしをしてしまっても汚れをはじく為に安心ですし、急な雨や雪に対しても撥水効果が効き安心です。プロショップひらいしやはこちらの撥水が無料で標準装備しております。工程としては、モンクレールクリーニングをし終わった後に、撥水コーティングをします。


いかがでしょうか?
高級ダウン専門クリーニング|HIRAISHIYAのモンクレールのクリーニングに対するこだわりがすごいものがわがりますよね。

弊社のモンクレールのダウンのクリーニングで納得いただけない場合は料金を返金


モンクレールなど高級ダウンクリーニング専門店|HIRAISHIYA ホームページより 

『納得いただけなければそのモンクレールのクリーニング代
お返しします!

さずが高級ダウン専門クリーニング店|HIRAISHIYAですね。
すごい自信ですね。

このあたりのこだわりを一度公式ホームページでチェックしてみてください。

\モンクレールの修理とクリーニングを同時にするなら/
ウンクリーニング専門店【HIRAISHIYA】公式サイトはこちら



モンクレール専門クリーニング店|HIRAISHIYAにモンクレールのクリーニングの依頼は宅配で行います


\モンクレールの修理とクリーニングを同時にするなら/
高級ダウンクリーニング専門店【HIRAISHIYA】公式サイトはこちら



大事な大事なお気に入りのモンクレールのダウンです。
きちんとしたクリーニングで今年だけでなく来年も再来年も
気持ちよくかっこよく着続けていきたいものです。

モンクレールのクリーニング失敗事例まとめ

ここまで警鐘を鳴らしてもやっぱりモンクレールのクリーニング料金をケチる方ばかりです。
そこで最後にモンクレールのクリーニングの失敗事例をまとめておきます。

モンクレールのダウンが薄くなった(しぼんだ)

モンクレールのクリーニングの失敗で一番多いのが
ダウンが薄くなってしまった
ボリューム感がなくなった
という失敗です。
主な失敗の原因はドライクリーニングを行ったことが考えられます。
モンクレールをドライクリーニングは避けてください。
モンクレールの内部の羽毛は、希少な保温性に優れたグース、
いわゆるガチョウの羽毛が使われています。
主に「ホワイトグース」という水鳥の繊細な産毛が使われているのです。
水鳥の羽毛には油脂分があり、水をはじいて空気を含むことで水面に浮いています。
この羽毛に含まれている油性がドライクリーニングを行うと、羽毛の油脂分が洗い飛ばされてしまい、フッカフカだったモンクレールがまるで空気がぬけてしぼんだようになるのです。

モンクレール専門クリーニング店では、主に水洗いで行っていますし、メーカもそれを推奨しています。
しかし取り扱い実績のない店舗では、洗濯表示だけを頼りにドライクリーニングを施される可能性が高いです。

モンクレールの表生地がゴワついた

モンクレールの表生地がゴワゴワして、滑らかさがなくなることもあります。
原因としては、洗い方が雑であることが考えられます。
モンクレールの表生地はナイロンやポリエステルが使われています。
着用したときの軽さを追求し、非常に薄くて繊細な生地に仕上がっています。
そのため取り扱いが丁寧でないと、容易に生地が傷んでしまいます。
一般のクリーニングでは、機械でまとめ洗いしたり高温の乾燥機に長くかけるため、摩擦が起こりやすくなります。
その結果、表面に毛玉が出たり毛羽立ってしまい、「ゴワゴワ」になる可能性が高いのです。

モンンクレールの縫い目にシミができた(際つき)

モンクレールでは内部の羽毛が偏らないようにキルティング加工されています。
このキルティングの縫い目に沿って帯状のシミができることもあります。
その原因として、洗い方が不充分であることが考えられます。
モンクレールの生地は、保温性を高めるためと、羽毛の飛び出しを防ぐために、非常に高密度に織られています。
しかし一方でそれが「汚れが外に出にくい」というデメリットでもあるのです。
そのため、時間を掛けて丁寧に洗わないと、汚れを落としきれず、縫い目にシミができるのです。
中綿に残った汚れは、キルティングの針穴や糸を伝わって徐々に染み出してきます。
それが「際つき」と呼ばれるシミの正体です。

モンクレールのダウンが団子状になった

キルティングとは羽毛が片寄らないようにしています。
このキルティングの各小部屋の中でダウンが均等になっているからあのフッカフカのボリューム感を出しているのです。
しかし、これが着るチングの各部屋の中で均等にならず一箇所に集まってしまうことでダウンが団子状になってしまいます。
その原因として、乾燥が不充分であることが考えられます。
モンクレールの表生地は非常に高密度なため、通気性はよくありません。
そのため、中綿に空気が行き渡りにくく、乾くのに非常に時間が掛かります。
生地の表面上は乾いているように見えても、中の羽毛は湿って塊りになっている場合があるのです。
また、モンクレールを適切に乾かすには、数日間の陰干しと仕上げのタンブリング乾燥が必要です。
それらに対応していない店舗に出した場合、生乾きの状態で返却される可能性があるのです。

ドライクリーニング特有の石油の臭いがひどい

クリーニングに出したモンクレールが強い石油臭がすることもあります。
その原因は、ドライクリーニング特有のの溶剤にあります。
ドライクリーニングでは、水を使わず油系の溶剤を使って洗います。
油系の溶剤で一番普及しているのが石油系の溶剤です。
溶剤の管理状態や洗い方により、クリーニング後の衣類に石油の臭いが残る場合があるのです。
また、モンクレールを完全に乾かすのには非常に時間がかかります。
通常のクリーニングでは乾ききりません。
その生乾きで返却されると、中にこもった溶剤が揮発し続け強い石油臭となる場合があるのです。

モンクレールのボタンがとれて無くなって返ってきた

モンクレールのボタンがとれて無くなって返却されることがあります。
もともとついていたボタンなどの装飾品が無くなって返ってくる原因は、クリーニング工程での摩擦や衝撃により欠落したことが考えられます。
特に大きな工場の場合、他のボタンと紛れてしまい見つかる可能性が低くなってしまいます。

クリーニングでの装飾品の紛失に関するトラブルは大変多いです。
必ずモンクレールをクリーニングに出す前に糸のほつれたボタンがないか自分でチェックしておいてください。

元来 モンクレールのクリーニングは一般のクリーニンぐ工程や手法は大きく異なります。
だからこそ高級ダウン専門店でクリーニングをおすすめしますし、少々高くなるのは覚悟してください。


\モンクレールの修理とクリーニングを同時にするなら/
高級ダウンクリーニング専門店【HIRAISHIYA】公式サイトはこちら